コトリログ
結婚12年、子なし主婦コトリ(私)とN氏(夫)と垂れ耳ウサギの日常を綴るブログです。 ペットショップの店員さんが「賢い子ですよ」と言っていたのに…トホホな毎日の記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
見事
【見事】
P4246579.jpg
 

さて、八月も最後となりました。
どうやら、九月も残暑厳しいとの事ですが…

ミミは見事にこの夏、一度も食欲を落とすことなく
乗り切りました。

まだ油断は出来ませんけど。

P4246580.jpg 

ミミはほとんど日中のお散歩はしなくなり、
涼しい時間帯に出歩いています。
時には夜遊びに走ります。

そのお陰でしょうか?

見事なまでの食欲絶好調!
体温上昇を防ぐため寝てばかりなのに…

ただ、少し牧草よりおやつの野菜を
たいそう欲しがったので
●が小さくなりました。

【病院の温室にて】
年中、ハイビスカスが咲いているけど今が一番多いかな?


172.jpg 
::::

標準語に怯えるコトリの段

ペインクリニックの先生はバリバリの標準語。

コトリも標準語で話そうと思ったら話せるけど、
関東人の本物の標準語は違う~

怒られているみたい。

と、JIN先生に話したところ
私も最初は東京で働いてましたから、
自称標準語なんですけどね~

先生は柔らかい話し方やし、
イントネーションもなんか違います。

西の人間は騙せませませんか?

分かりますよ。

でも、ペインの先生はどうやってこの環境で
あの話し方を維持してらっしゃるんでしょう?

ちょっと、特徴的な口調を真似してみたら
JIN先生に大ウケされた

コトリは怖かったのに

:::::
***
ご訪問・クリック・拍手・コメント
ありがとうございました。
***
にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ  FC2ブログランキング


★゜’・:*:.。.:*:・’゜☆゜’・:*:.。.:*:・’゜★
スポンサーサイト

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

【2013/08/31 22:43】 | ミミ | トラックバック(0) | コメント(1) |
幼児
【幼児】
P5166669.jpg
 

ここのところ全く記事を更新できなかったのは、
ミミの身の上に何かが起こった。と
言うわけではなく

コトリが通院疲れや脳震盪の後遺症や
貧血のお陰か何やらで、
クラクラしていて

まともにパソコンに向かえなかったからです。

毎週、何かしらの診察・治療・検査を受ける
生活が転落事故以降続いておりました。

当然、仕事もペースダウンでミミは
コトリが常にベッタリしているものだと
勘違いしてしまいました。

P5166662.jpg 

仕事が入ると大変、ご機嫌が悪くなります。
駄々をこねるようにいたずらを働きます。
掃除しても、牧草撒き散らしで妨害します。

キューブおやつをもぎ取るまでバタバタ走り回り、
騒音を出します。

幼児のようです。

幼児といえばミミは眠たくなるとちょっとハイになり、
ゴロンチョする場所をなぜかホリホリしたり、
コトリの足元をホリホリしたり、

まるで、ぐずるような行動を取ります。

一通り暴れたら、豪快にゴロンチョして、
ゴロンチョしたぞアピールをし、ナデコ要求をすませ
安眠の世界に旅立ちます。

先代はここまでオープンな性格ではなかったので、
十兎十色、同じうさぎさんとは出会わないだろうなぁと。
改めて思ったのでした。

【朝顔】

ここ数日の涼しさでやっと元気を取り戻した


1144.jpg 

::::

頭蓋骨バックリはやっぱり大変の段と
新しい先生こんにちはの段

酢骸骨が見えるほどバックリ割れたコトリの傷はありがたいことに
生え際あたりなのであまり目立たないのだが、
結構な傷跡が残っている。

おまけにコトリは傷を作ると、やけど痕などとかなどは色素が何故か
抜けて周りの皮膚に比べると一目瞭然、真っ白になってしまうのだ。

この傷跡も少しずつ赤みがひいて白い部分が出てきた。

さて大変なのは、骨が露出するくらいまでバックリ割れたことで、
神経が切れてしまったことである。

筋肉が麻痺して動かない、痺れた感じがする、引き攣れる、
傷口が今でも時々、また破裂するのではないかと思うほど痛みが走る。

怪我が落ち着くまで一年はかかるかもと言われたのだが、
これが来年の今頃までかかるのだったら大変だ。

赤みは半年くらいでひくだろうと言われたが…

さて、新しい先生こんにちは。は
担当のJIN先生が替わったわけではありません。

ペインクリニックにかかることと相成ったからでございます。

肩に炎症が見つかったので御座いますが、
整形外科的にはいわいる五十肩で済まされてしまったのです。

まぁ、肩の潤滑液の炎症ならたいていこの診断です。
寝ていても叫び声を上げる激痛が治まったら運動療法をすすめられたので、
素直に肩の運動をバージョンアップさせたら

激痛が走り悪化しました。
いつものJIN先生に相談したところ、

肩の炎症と言ってもコトリの場合、痛みのある場所が
腫れて、熱を持っているから、単なる五十肩で片付けられる問題ではない。
痛みが手首にも出ていたので、これはペインクリニック二相談した方が…

ということで新しい先生こんにちは。ということになったのです。

新しい先生は、久しぶりの標準語の先生で、まぁビックリ!

そしてコトリの服用している薬の一つに神経痛にも使われるものがあり、
このお薬をこれだけ服用してまだ痛いということは、
本当はどれだけ痛いのか分からないですよ?

と、ちょっと怖いことを言われた。

感覚検査では痛みのある右手は冷たいものに触れても手先は
とても鈍くて自分でも驚いた。

診察室を移動して観察?されるのだが
コトリの標準装備のフラフラがとても気になっご様子で
とても心配された。

JIN先生もk先生も、もう見慣れて何も仰られない。

ペインクリニックというのはすぐに神経ブロックなり、ステロイド注射を
打ってくれるものだと思っていたのだが、
血液検査の後、治療方針を決めるそうだ。

まだまだ、右左混合生活は続きそうです。

:::::
***
ご訪問・クリック・拍手・コメント
ありがとうございました。
***
にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ  FC2ブログランキング

★゜’・:*:.。.:*:・’゜☆゜’・:*:.。.:*:・’゜★

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

【2013/08/15 00:59】 | ミミ | トラックバック(0) | コメント(1) |
| ホーム |
プロフィール

Author:コトリ
2人と1匹生活を楽しむ主婦
(時々、リフレクソロジスト)
ミミ:垂れ耳、漏れうさぎ
N氏:コトリの飼い主(夫)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。