コトリログ
結婚12年、子なし主婦コトリ(私)とN氏(夫)と垂れ耳ウサギの日常を綴るブログです。 ペットショップの店員さんが「賢い子ですよ」と言っていたのに…トホホな毎日の記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
愛情

【お見送り】
コトリ在宅なので、どっか行くの?程度にN氏を見送ります…。

画像 5048 

ミミの換毛はまだ続いている。

マフマフ・背中・オシリはブラッシングと手で応戦中、
しかし、問題はお腹・前足・後ろ足である。

わき腹部分はナデコ中に抜く作戦を決行中…

抱っこして思う存分コーミングしてみたい衝動に駆られるが、
ミミの心拍数を極端に上げる行為におよぶのも
寿命を縮めるような気がする。

うさぎの心臓は胃腸に比べるととても小さく、
心臓発作を起こしやすい造りなのでショック死しやすい。
捕食時に苦痛を感じないためであろう…

【ワープ】
時をかけるうさぎ、N氏撮影。

画像 5053 

弱肉強食の中にも神様の愛情を感じる。

では、コトリはどうするのが一番ミミに愛情深いのであろう?

余計なストレスを感じさせず、健やかに過ごさせること―

結局、これに尽きるのだと思うのだ。

けど、お腹に毛玉が溜まって手術になっても困るし…
ガスがたまって鼓腸症になっても困るし…

限りある命への愛情は難しい。



【抱え込み咲き】
考えてみるとバラはツバキ科の植物なんですよね。

画像 4971 

S先生の留守中、
コトリの診察をT先生にお願いすることは
話し合って決めたことなのだが…

実際、引継ぎが目前に迫ってくると
不安になってくるものである。

K中央病院に通うようになって約2年―
何となく神経内科内の力関係が分かるようになってきた

O先生、部長
K先生、副部長

S先生、中堅


T先生、若手
レジデンス、2年目
レジデンス、1年目

レジデンスとは医師免許取得後さらに
専門医目指し2年間、臨床研修医として頑張る。

で、コトリの入院時

初診はO先生
レジデンス2年目・T先生は入院中の担当医、
S先生はT先生の指導医。

O先生は回診時以外も
コトリの症例が珍しいのでしょっちゅう病室に来るし、
変な検査という名の実験を行なった。

誰も逆らえる人はいないのだが、
S先生は協力しなくても良いんですよ…と言ってくれた。

T先生に対する不安を感じ取ったのか
S先生が明るく言った。

まぁ、Tちゃんも、コトリさんも
歳も近いですし、似たもの同士で気が合って
楽しいんじゃないですか?

・・・・・。

それでは、困ります。


ゆるく、まったりした診察になりそうではあるが…
この場合、医者と患者の関係である!

求めるものは信頼である。



にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ FC2ブログランキング
ポチッとな~

*ご訪問・クリック・拍手・コメント*
ありがとうございます

だよね!
お話するの当たり前だよね~
ちゃんと聞いてるよね、口調で何となく察してくれてるし。
でも、この話をするとメルヘン国の住人扱いだよ☆

うさぎさんはしっかりお話を聞いて
聞きたくない話のときはそっぽを向くか、寝ます!
気配を読む能力に優れているので雰囲気が分かるのかな?
と、解釈しています。表情も豊かですね。
 

スポンサーサイト

テーマ:RABBIT(うさぎ) - ジャンル:ペット

【2009/03/19 22:27】 | ミミ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<哀切 | ホーム | 告白>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kotorimaki.blog104.fc2.com/tb.php/506-bc6746b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

コトリ

Author:コトリ
2人と1匹生活を楽しむ主婦
(時々、リフレクソロジスト)
ミミ:垂れ耳、漏れうさぎ
N氏:コトリの飼い主(夫)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。